セックスの後に飲むだけで良い、という事後避妊薬のアイピル。高い避妊効果を得る為には、正しい飲み方が必要であることを知っていますか。

実は、間違った飲み方をしてしまうと効果が半減してしまうどころか、副作用が更に強くあらわれるようになる危険性もあります。

まず、基本的なのはセックスから72時間以内でなければ、高い避妊効果は得られません。セックスから経過時間が短ければ短いほど、避妊成功率は高まります。

24時間以内であれば、約95%という高い確率で避妊できます。もし、72時間を過ぎてアイピルを飲んだ場合には75%を下回る避妊率になってしまうのです。
アイピルを間違った方法で飲まない為に必要なこと

そして、1度服用した後は生理がくるまでアイピルをまた飲むことはしないようにしましょう。

副作用がさらに強くあらわれやすいこともありますが、アイピルで避妊をした後に、生理が来るのを待たずにセックスをしてしまうと妊娠しやすい可能性もあります。

それはアイピルによって、抑制されていた排卵が遅れて起こることで、その後のセックスとタイミングが合えば、高い確率で妊娠してしまうのです。

セックスをしたら、またアイピルを飲めばいいと思っている人もいるかもしれませんが、ただでさえホルモンバランスが乱れている状態なので、体調を悪化させて重症化してしまう危険性も出てきます。

また、アイピルだけでなくアフターピルは薬である以上飲み合わせの良く無い薬や飲み物もあります。

高い避妊効果を半減させてしまったり、副作用を強くしてしまう可能性があるのです。そのため、通常の薬同様に水もしくはぬるま湯で服用することがおすすめです。

アイピルは1回1錠を服用する事後避妊薬です。しかし、なかには少し遅れたからという理由で2錠飲んだりする人もいますが、それは避妊効果に影響はありません。

ただ強い副作用をあらわれやすくしてしまう、だけのことになってしまいます。

アイピルで安全かつ高い避妊効果を最大限に得る為には、どうしても緊急で避妊したい時に限りセックスから72時間以内に、1回1錠だけを水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

そしてその後、生理がきて避妊成功が分かるまではセックスを控える、という方法がアイピルの正しい飲み方なのです。