セックスを終えてから、妊娠してしまうかもしれない可能性に気付いて避妊したいと思った時に必要なのが、事後避妊です。

そして、アイピルを飲むだけで事後避妊ができます。海外では広く利用されているアイピルですが、日本ではあまりなじみがありません。

それには、日本では病院から処方されるアフターピルしか認められていないので「アイピル」そのものを知らない人も少なくないでしょう。

強制的に生理を引き起こす働きを持っているので、アイピルの副作用が懸念されていることも認可されていない1つの理由にあります。

今では、海外薬品の取り扱いがされている通販でアイピルを購入することができます。

アイピルは病院処方のアフターピルで多く取り扱われているノルレボのジェネリック医薬品であることから、信頼性の高さと安さを兼ね備えた事後避妊薬です。

ここであらためて、避妊の効果とアイピルの副作用について理解を深めましょう。

アイピルや日本の医療機関でアフターピルとして処方されるノルレボは同じ有効成分のレボノルゲストレルが含まれています。
アイピルが持つ事後避妊の力と副作用
この成分が女性ホルモンのプロゲステロンと同じ働きをします。アイピルの吸収開始時にプロゲステロンの分泌開始・そして効き目が切れるとプロゲステロンの分泌停止が起こっていると錯覚を起こすのです。

プロゲステロンの分泌停止は「受精卵の着床がない」、つまり妊娠がないことを意味するので、役割を終えた子宮内膜が剥がれ落ちるのです。これが、生理という訳です。

そして、人工的にホルモン分泌の増加を引き起こす為に、多量のプロゲステロンが体内に増えることになるので、普段のホルモンバランスを大きく乱します。

すると、頭痛や吐き気・倦怠感・下腹部痛・めまいなどの副作用を起こしやすくなってしまうのです。

しばらく休んだり、市販薬を飲むことで症状が和らげば良いですが、時に悪化したり長いあいだ不調が続くこともあります。

そうなってしまったら、我慢せずに病院の診察を受けるようにしましょう。

これらのアイピルの副作用と対処法を知ることは、事後避妊をする上で大切なことです。